注意事項

※素人の戯言なので観賞本数増えるごとに点数は微調しています。悪しからず。

2016年4月16日土曜日

映画『ルーム』93点




2016年4月16日観賞。


ここ最近で観た映画の中で間違いなくベスト。


施錠された狭い部屋に暮らす
5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。
彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、
そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。
ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、
この密室しか知らないジャックに外の世界を教えるため、
そして自身の奪われた人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。

このあらすじを読んだだけで憂鬱な展開は想像にたやすいが、
あらすじだけでなく、この映画の完成度&表現力の高さによって、
映画の最初から最後まで胸を締め付けられるような気持ちが続く。
母子共に圧倒的な演技力!!














まずこの映画の特徴は、「脱出」が映画のメインでは無く、
前半:「脱出」、後半:「犯罪被害者のその後」という構成だと言うこと。


なので、「悪夢と絶望の日々から脱出した!良かった-!幸せな日々が!」
という在り来たりなフィクション的な展開で終わらせてくれない。


そりゃそうだ。現実はそんなに甘いわけが無く、
監禁部屋しか「世界」を知らない5歳のジャックは、
せっかく脱出できたのに「部屋に戻りたい」と言い出すのだ。
天才子役。お願いだからマコーレカルキンみたいにはならないで欲しい。

















この映画のもう一つの特徴でもあるのが、
終始ジャックの目線で描かれていること。

これは彼の演技力無くして全く成立しない演出だが、
表情、声色、動き、全てが圧倒的にリアルで完成度が高いので
大人の僕らも気がつくと5歳のジャックと同じ目線で
映画の中に入り込んでしまう。
子持ちの親が見たら発狂してしまうんじゃないかってくらい。
この「空」を見た瞬間の表情は完璧すぎて鳥肌止まらず。














そして何よりも個人的に涙腺を刺激されたのはラストシーンだ。

それは母親と死にものぐるいで「部屋」から脱出できたのに、
「部屋に帰りたい」と言い続けるジャックが、
母親と共に様々な困難を乗り越えながらも、
最後に取り壊し寸前の「部屋」を訪れるシーンだ。

そこでジャックは、「部屋」に残された自分が慣れ親しんだ家具に触れ、
「こんなに小さかったっけ?」と言う。

そして、そのあと、一つ一つに丁寧に「サヨナラ」と言う。
というか、彼は少しだけ大人になり、成長したからこそ、
あの時大きく見えていた「部屋」の家具が「小さく」見え、
そして彼はあの頃のトラウマを少しずつ払拭できる強さを持ったから、
「サヨナラ」と「言えた」のだ。

あれだけ「戻りたい」と言っていた「部屋」を構成する一つ一つに
「サヨナラ」を告げることが出来たのだ。自分の言葉で。


そして全てに別れを告げたあと、
母親と共に部屋を出るあのカメラワーク。
鳥肌が止まらなかった。

そこに希望の匂いが、かすかに感じられるからこそ、
この映画は絶望では終わらないのだ。