注意事項

※素人の戯言なので観賞本数増えるごとに点数は微調しています。悪しからず。

2014年9月24日水曜日

映画『ドミノ』80点





2005年、トニー・スコット監督の作品。
実在した元モデルの女バウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)、
ドミノ・ハーヴェイの自伝的映画。


これは、私的映画ベスト10に食い込む作品。
だが、万人には薦めない、そんな映画。
なぜ死んでしまったんだトニー・スコット。























始めから終わりまでカット割り細かすぎ、画面加工しすぎ、オシャレすぎで
画面に酔いそうになるっていうか、絶対に酔うけど、そんなの関係ない。

ここまで徹底してやりきってくれるのであれば逆に潔い。

そんな激しさは画面だけにとどまらず、
場面転換も激しすぎて脚本が圧倒的に雑に見えるし、
ストーリーもほとんど頭に入ってこないけど、やっぱりそんなの関係ない。


何よりもキーラ・ナイトレイが最高にクール。
一気に大好きな女優の一人になった。











トータルして客観的に見ればというか、
世間的な評価はすこぶる低いこの映画だが、
映像に携わる人間として人生に刻まれる映画になりました。

つまり編集のスタイリッシュさとキーラのクールさで+20点くらいの映画。

この映画のDVD片手に、
編集に臨むことを欲したくなった僕は迷わずAmazonで1クリック。

改めてトニースコット師匠に合掌。