注意事項

※素人の戯言なので観賞本数増えるごとに点数は微調しています。悪しからず。

2014年5月31日土曜日

映画『ディス/コネクト』85点


2014年5月25日観賞。


これは現代社会をリアルに描き出した非常に優れた作品。
映画館じゃなくても良いから、あらゆる人に観て欲しい。


ベネチア映画祭では、
10分間にわたるスタンディングオベーションを受けたことも納得。



yahoo映画にある簡単なあらすじ

ソーシャルネットワーク上で起きた事件を引き金に、
大切な相手との関係を修復しようと努力する人々の姿を描き出す。


『マグノリア』・『クラッシュ』以来の群像劇傑作みたいな
ふれこみがされていた今作だが、
エンディングに向かって全ての物語が回収されていく様は
非常に美しく、そのハードルもしっかりと超えてくる。


そして何よりもこの映画の優れた点は、
現代社会においてもはや避けて通ることが出来ない
「ネット」で「つながる」=「コネクト」人々を
通り一辺倒の視点では無く、様々な人物を用いて描ききっている点。


例えば、Facebook。

『ディス/コネクト』では高校生を題材にして、
今や全世界13億人が利用していると言われるFacebookの闇を描き出す。

やんちゃボーイズ的な高校生の二人組。
やんちゃがパパにバレてシャレにならない状況に追い込まれた二人
















この二人組がFacebookに、美人でビッチ気味な
女子高生の「なりすましアカウント」を作成し、
いかにも女子に疎そうな内気な少年を引っかける。
学校でほぼしゃべらないヘッドホンが友達
















そして内気な少年は見事に引っかかり、
これまた現代社会では芸能人すらもその餌食となる
お恥ずかしい「自撮り写真」を、やんちゃボーイズ管理の
ビッチ女子高生アカウントに送ってしまい学校中にばらまかれてしまう。

もちろんその「ばらまき」はビラを配るのでは無く、
「SNS上」で爆発的に拡散するのだ。
その結果、内気な少年は…

その他にも、私たちが一度は「コネクト」してしまったことがある、
ネット上にはびこる様々な誘惑が様々な人間を通して描かれる。


Twitter、チャット、遠隔操作、ネット詐欺、児童ポルノ、スマホ依存症…






















何の気なしに、または「心の隙間」を埋めるために、
一度「コネクト」してしまったが故に、歯車が少しずつ狂い始め、
やがて崩壊していく…そんな様を非常にリアルに描き出している。

さらにこの映画が素晴らしいのは、
単純に「ネットは危険だ!最悪だ!」という、
批判めいた主張のみで映画を終わらせていない点だ。

その描き方についてはネタバレになってしまう点も出てくるので、
是非劇場で確認してみて欲しい。


そして何よりも印象的だったのが、
報道局の敏腕レポーターとして活躍する女性記者ニーナ。













こいつが本当に絵に描いたような人間くさすぎる人間で、
出世のためなら平気で上司と寝るし、超勝ち気。

そして児童ポルノの特ダネをとるため、
巨大児童ポルノ組織のサイトにアクセス=コネクトし、
利用されている一人の少年との接触を図る。

取材のため、自分の特ダネのため、
彼に上手く近づき、手なずけ、結果的に彼女は
CNNで特集を組まれるほどの取材VTRを完成させ、名声を得る。

が、調子に乗ったのか、これを機に変な人間くささが顔を見せ、
「少年を助けてあげたい」という浅はかすぎる偽善心を持ち始める。
偽善の結果がこれ。自宅に招いていちゃつく始末。















これは報道機関に勤める人間として
決して踏み越えてはいけない一線で、
本当に「彼を助けたい」のであれば、
その悪しき組織の殲滅を図るため警察に捜査を促す
記者としての腕の見せ所であるし、
それでこそ、結果的に彼を救うことが明らかなのに、
「彼を裏切ることになる」とかほざいて、FBIへの協力を拒む。

そんな「プロ失格の私情」で彼と「コネクト」した彼女の結末は…


ネット上で「コネクト」した彼と、
現実社会でも物理的に「コネクト」した彼女。


顔の見えない、正体の分からないネットで交流することなど
真のコミュニケーションとは言えない!
と、一見主張するように見えるこの映画の真骨頂はここにもあり、

Face to Faceで直接「コネクト」しても、
それに向かう気持ちが偽善であったり、中途半端なものであれば、
結局は何もつながることは出来ず、破綻する。
そしてその破綻によって起きる傷の深さもより深くなってしまう。


あなたは、何と、どう、コネクトしているだろうか?
この映画を観て見つめ直してみるのも良いかもしれない。


2014年5月23日金曜日

映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』55点


2014年5月23日観賞。


『ダークナイト』以来の傑作アメコミ映画
みたいな触れ込みだったので、観に行ってみた。


しかし、そんなハードルは超えることが出来ず。


そもそもキャプテンアメリカに思い入れゼロの自分が
前のシリーズを復習することも無く観に行くことが不正解の始まりで、

「キャプテンアメリカ」って名前そのものを
何の抵抗もなく受け入れることすら僕には難しい!
だって日本でいうならば「日本主将!」みたいなことでしょ?
それはいくら何でも痛すぎませんか?
やっぱりこの人、冷静に観たらおかしくない?


















でもそれが逆にアメリカらしい、
正にアメリカのスーパーヒーローなのだ!
と理解すべきなのか?みたいな葛藤を持ちながら観賞する私は失格。


いや、フォローするならば、アクションシーンは素晴らしいし、
お腹いっぱいで吐きそうだった『マン・オブ・スティール(65点)』と
比べれば、小気味よく、切れ味も迫力もあった。


だけど、そんなことより「スカヨハちゃん大人になったなぁ」
圧倒的に美しいけど、この映画で観たい人では無い














って事の方が印象に残る程度の映画で、

渋谷TOHOシネマズ帰りによって巻き込まれた終電満員具合の
辟易感をぬぐいきれるほどの作品ではありませんでしたよキャプテン!

2014年5月4日日曜日

映画『プリズナーズ』80点


2014年5月4日観賞。

153分あるが最後まで緊張感を保ち飽きずに見れる。


話としては単純で、自分の娘を誘拐された父親が
なかなか犯人にたどり着けない警察に苛つき、
自ら犯人捜しを始め、自分の解釈で犯人にたどり着き、
拷問し、自白を強要する…みたいな話。


FBIの統計によると、全米で1年間に行方不明になる児童は
何と80万人にも上り、それは1分の間に1.5人が誘拐されている
ことになるらしい。

ということから、この映画の売り文句は、

「もし自分に同じことが起こったらどうする?」
「ひと事じゃない」

みたいな方向性になってくるんだけど、
映画中盤くらいで、その投げかけに対する明確な答えが
スクリーンから迸り始める。


今や良いオジサン代表みたいな立ち位置になりつつある
ヒュージャックマン演じる娘を誘拐された父親は、















わりと早い段階で我を失い、理性を失い、倫理観を失う。
つまり見た目からして圧倒的に犯人面のポール・ダノ演じるアレックスを
ゼアウィルビーブラッドでも存在感抜群













無茶苦茶な拷問にかけて自白させようとするんだけど、
全く持って上手くいかない。

もしかしたら犯人じゃ無いのかも…
いや、絶対に犯人だ!と強く自分に言い聞かせるがごとく、
がちがちのクリスチャンでもある父親は、ことあるごとに神に祈る。

と、同時にこのあたりから頑張ってた親父ジャックマンに
全く持って感情移入出来なくなってくる。
なぜなら無実かもしれない、でも見た目は完全に犯人の
アレックスをあまりにもボコボコにしまくるからだ。

で、そんなことはつゆ知らず、犯人を冷静に追い続けているのが
ギレンホール演じるロキ刑事。
終始もの悲しい顔なのにイケメン























あまり詳細に書くとネタバレになるが、
いくら自分の娘が誘拐されたからといって、
証拠も無く犯人を捕らえたつもりになり、
しかもそいつをぶん殴って自白を強要するということは
現在の法治国家において許される行為では無く、
警察の捜査に委ねることがとるべき行動なのである。


とでも言いたいかのように、ロキ刑事は苦戦しながらも
じわじわと真犯人に近づいていく。
暴走に歯止めがきかなくなったパパジャックマンとは対照的に。


で、観賞中も気になっていたのだが、
この刑事は明らかに変な柄の入った指輪をしている。
で、しかもそれが印象に残るような画を挿入してくる。













気になって調べてみたら、
この指輪の柄は「フリーメーソン」のロゴなんだとか。

不勉強で情けないけれども、
これはつまりキリスト教と対を成す意味の象徴で、
彼が冒頭の登場シーンでキリスト教的では無い「干支」について
話していることからも、「キリスト教徒ではない者」の象徴として
この映画に位置づけられていることが分かる。


ってことからわかるように、この映画はアメリカを語る上では
絶対に外すことが出来ない「キリスト教」に関する
ある程度の知識があると無いのとでは多少解釈が変わってくる。

もちろん、と言い切ると無知をさらすようで恥ずかしいけれども、
僕はそんな前知識無しに観てしまっているので、


例え我が娘が誘拐されて、自分の手の届く範囲に犯人がいたとしても
警察=政府に任せておくのが身のため=正解なんだよ!


みたいな「大きな政府最高!」映画だと解釈して観賞を終えてしまった。


だからこそ、最後に新犯人がこれら犯罪を企て、
実行に移した理由がよくわからないままにエンディングに突入し、
映画館全体が若干どよめいたほどの一見「納得いかない」エンディングを
「納得いかない」空気に同調して席を立つことになってしまった。


でも家に帰って冷静になってみると、
結局先に真実に辿り着いたのは「神」を信じたパパジャックマンで、
彼は過ちを犯したものの、結局生きてこの映画を終えることが出来た。


信じる者は救われたのだ。


けれども結局神を信じたパパジャックマンも
アレックスを生死の縁をさまよわせるほどボコボコにしてるわけで、
彼は生き延びても投獄される。

神を信じる者も信じない者も、結局何かに「囚われる」。
この映画に出てくる全ての登場人物達が「囚われている」のだ。
ある者は「神」に、ある者は「自分が信じる正義」に。

そんな二重三重にも様々な要素が入り乱れた評価の難しい映画。


でも何度も言いますが、153分、最後まで見応えあります。